駐車場ゲートバー|駐車場用語集

駐車場ゲートバーはコインパーキングでよく導入されている装置です。車室数が多いコインパーキングで設置されていることが多くなっています。ここでは駐車場ゲートバーの意味と利用の流れを紹介します。

駐車場ゲートバー|駐車場用語集のイメージ

目次

  1. 1駐車場ゲートバー
  2. 2ゲート式駐車場の利用の流れ
  3. 3駐車場やコインパーキングのその他の用語

駐車場ゲートバー

駐車場ゲートバーとは、駐車場の入口と出口に設置されている棒状の設備です。駐車券を発行する仕組みのゲート式コインパーキングで用いられています。コインパーキングの入口で駐車券を発券して受け取るとゲートバーが上がり、駐車場に入場できる仕組みです。出庫するときには出口の精算機で支払いをするとゲートバーが上がって出られるようになります。

駐車場ゲートバーはコインパーキングで利用時間や精算の管理をするために設置されています。入口で入場記録を作り、出口で支払いを管理することで利用者に適正利用をさせるための設備です。特に出口での精算をせずに利用者が出て行ってしまうリスクをなくす手段として設置されています。

駐車場ゲートバーに設置されているゲート式駐車場の管理方式には出口精算タイプや事前精算タイプがあります。出口精算タイプは駐車場の出口に精算機が設置されています。出口で支払いをする仕組みです。事前精算タイプの場合には駐車場や利用施設などに事前精算機が設置されています。事前精算機で駐車料金の支払いを済ませてから出庫することが必要です。

 

ゲート式駐車場の利用の流れ

ゲート式駐車場でよく導入されているのは出口精算タイプのゲートバーです。出口精算タイプを取り入れているゲート式駐車場を利用するときの流れの例を挙げると以下の通りです。
 

  1. 駐車場に入るときに自動発券機で駐車券を受け取る
  2. 駐車券を受け取って駐車場ゲートバーを上げる
  3. 入場して空いているスペースを探して駐車する
  4. 用を足したら車に乗って出口に向かう
  5. 出口に設置されている精算機に駐車券を挿入する
  6. 表示された駐車料金を精算機に投入する
  7. 精算が完了して駐車場ゲートバーが上がったら出場する

ゲート式駐車場では入場も出場も駐車場ゲートバーによって管理されています。出口精算タイプのときには出口にある自動精算機で支払いができないとゲートバーが上がりません。駐車券を紛失してしまったり、支払いに使える硬貨や紙幣がなかったりするとトラブルになります。駐車券を濡らしたり、折ってしまったりしたのが原因で精算機で認識されなくなるトラブルも起こる可能性があるので、駐車券の管理には注意が必要です。

また、ゲート式駐車場では利用施設からサービスを受けられる場合があります。入場後、該当施設を利用することで料金が割引されることがあるので、利用施設で確認することが大切です。利用時や支払い時に駐車券を渡すと対応してもらえます。

 

駐車場やコインパーキングのその他の用語


※本記事は可能な限り正確な情報を元に制作しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。引用元・参照元によっては削除される可能性があることを予めご了承ください。また、実際の土地活用についてや、税金・相続等に関しては専門家にご相談されることをおすすめいたします。

関連するまとめ

Banner pc

人気の記事

人気のあるまとめランキング
Banner pc