サービス券|駐車場用語集

サービス券とは料金の割引になるサービスを受けられるチケットです。駐車場業界では駐車サービス券がよく用いられています。ここでは駐車場におけるサービス券の意味とメリットを紹介します。

サービス券|駐車場用語集のイメージ

目次

  1. 1駐車サービス券
  2. 2駐車サービス券のメリット
  3. 3駐車場やコインパーキングの設備用語

駐車サービス券

駐車サービス券とは、コインパーキングの利用料金を無料または割引をする証明となるチケットです。コインパーキングと提携している小売店やレストランなどの施設を利用したときに駐車サービス券を発行してもらえる場合があります。コインパーキングの管理会社から回数券などの形で駐車サービス券を購入して利用することも可能です。

駐車サービス券は駐車料金を精算するときに使用します。駐車料金の支払いのときに自動精算機に駐車サービス券を挿入したり、QRコードをかざしたりすれば割引サービスが適用されます。
 

駐車サービス券のメリット

駐車サービス券の導入は駐車場の経営者にとって利益の向上を目指せるツールになります。駐車サービス券を活用するメリットは以下の通りです。
 

来客を増やしたい店舗や施設と提携できる

駐車サービス券を導入すると集客をしたいと考えている周辺の店舗や施設と提携できます。提携店としては「3,000円以上のお買い上げで1時間無料」といった顧客サービスを提供できます。駐車場スペースを十分に用意できない店舗や施設にとっては、コインパーキングと提携できると便利です。駐車場経営者は提携店から料金の支払いを受けることができるので安定した利益を得られます。
 

利用者を増やせる

駐車サービス券は利用者にとってお得なサービスです。人気のある店舗や施設と提携すればいつも満車の状況にできる可能性があります。また、自前で駐車サービス券を発行することでリピーターを獲得することも可能です。回数券を販売して10時間分を購入すると1時間分のサービスになるといったサービスを提供すると、お得に利用できるので利用者を増やせます。銀行振込などによる事前の支払いを求めて資金繰りを改善することも可能です。

 

競合との競争で有利になる

競合の駐車場との競争力を付けるのにも駐車サービス券が有効です。駐車サービス券の提携店があると、その店舗の顧客が車で来店したいときに優先して利用してもらえるからです。人気店と提携すれば安定した集客ができます。新しいコインパーキングが近くに設置されたとしても、既存の提携店からも顧客からも選んでもらえる可能性が高いため、持続的な競争力を付けられます。

精算トラブルを減らせる

駐車サービス券を導入すると利用者の清算トラブルが少なくなります。ロック式やゲート式のコインパーキングでは自動精算機で利用者が料金の支払いをして出庫するのが一般的です。自動精算機は高額紙幣に対応していないことが多く、1万円札しかなくて精算できないトラブルが起こる場合があります。駐車サービス券での支払いなら支払えないトラブルのリスクが減り、問い合わせ対応の負担が軽減されます。
 

駐車場やコインパーキングの設備用語

※本記事は可能な限り正確な情報を元に制作しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。引用元・参照元によっては削除される可能性があることを予めご了承ください。また、実際の土地活用についてや、税金・相続等に関しては専門家にご相談されることをおすすめいたします。
 

関連するまとめ

Banner pc

人気の記事

人気のあるまとめランキング
Banner pc