ピロティ|駐車場用語集

ピロティは駐車場を設計する際にしばしば用いられている構造です。ビルやアパートではピロティを駐車場にしていることがあります。この記事ではピロティの意味とピロティタイプの駐車場のメリット・注意点をわかりやすく紹介します。

ピロティ|駐車場用語集のイメージ

目次

  1. 1ピロティ
  2. 2ピロティタイプの駐車場のメリット
  3. 3ピロティタイプの駐車場の注意点
  4. 4駐車場やコインパーキングのその他の用語

ピロティ

ピロティとは、建物の一階部分を柱だけで支える建築様式です。ピロティはフランス語で「杭」の意味で、一階部分を柱によって支える構造をピロティと呼んでいます。ピロティは2階以上のビルやアパートなどを建築するときに設計します。上の階層は居住用にしたり、オフィスとして使用したりすることが可能です。ピロティのスペースは柱があるだけなので汎用性が高く、駐車場だけでなく作業現場としても用いられることがあります。

ピロティタイプの駐車場のメリット

ピロティタイプの駐車場は土地を有効活用できるのがメリットです。土地を駐車場にして経営するときには、平面駐車場にすることもできます。しかし、ピロティタイプの駐車場にすれば2階以上の部分について賃貸経営をしたり、自分で住んだりすることが可能です。平面駐車場にするよりも土地面積あたりの利益を上げやすくなります。土地活用による利益を増やすには効果的な方法です。

オフィスビル経営やマンション経営をしたいときには駐車場の有無によって集客力が変わります。土地があまり広くなくて駐車場を確保しにくいときでも、ピロティを作れば駐車場を確保することが可能です。狭い土地の活用方法として有効な方法です。他の場所に土地を確保して駐車場を作るよりも、ビルやマンションの入居者にとって使いやすいメリットもあります。雨が降っているときでも1階に下りるだけで車に乗れるからです。

また、ピロティタイプにすると屋根のある駐車場を提供できます。屋根のない平面駐車場では雨ざらしになってしまうため、車の汚れや劣化が進みやすいのが難点です。ピロティタイプにすれば2階以上の構造になるので雨ざらしになりません。車を大切にしたい人から喜ばれる駐車場になります。
 

ピロティタイプの駐車場の注意点

ピロティタイプの駐車場の経営を検討するときには注意点が4つあります。平面駐車場にするのと比べて苦労する面もあるので気を付けましょう。

 

費用が大きくなる傾向がある

まず、ピロティタイプの駐車場は建設費用がかかります。平面駐車場であれば建設をする必要がないので初期費用を抑えられます。高層マンションや大きなオフィスビルを建設する場合には不動産投資ローンを組んで長期的な投資をしなければならないでしょう。

駐車場経営をやめる際、解体に費用と時間がかかる

建物を建てる影響でピロティタイプの駐車場は徹底が難しいデメリットがあります。ピロティタイプにすると駐車場経営をやめるときには建物の解体に費用も時間もかかります。平面駐車場ならアスファルトで舗装したり、自動精算機を設置したりするだけで運営可能です。速やかに低コストで撤退できるので、他の目的で土地を使う可能性があるときには平面駐車場の方が安心です。
 

2階より上の使い方を検討する必要がある

ピロティタイプの駐車場にするときには2階より上の使い方を検討することが必要です。2階に自分が住むのであれば大きな課題にはなりませんが、賃貸経営をするときにはオフィスやアパートなどとしての経営方法を考えなければなりません。駐車場だけでなくオフィスやアパートも同時に経営することになるので業務負担が大きくなります。賃貸物件の需要を調査して設計する必要もある点に注意が必要です。

耐震性について不安を持つ人もいる

ピロティタイプにすると耐震性について考えることも求められます。一階部分が柱だけになるので、壁もあるマンションやビルに比べると耐震性が低くなるリスクがあります。耐震基準を満たさなければならないため、高層マンションや高層ビルの建築は難しいのが一般的です。ピロティタイプにすると耐震性について不安を持つ人もいるため、契約の獲得でも苦労する場合があります。
 

駐車場やコインパーキングのその他の用語

※本記事は可能な限り正確な情報を元に制作しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。引用元・参照元によっては削除される可能性があることを予めご了承ください。また、実際の土地活用についてや、税金・相続等に関しては専門家にご相談されることをおすすめいたします。
 

関連するまとめ

Banner pc

人気の記事

人気のあるまとめランキング
Banner pc