コインパーキング長期駐車|駐車場用語集

コインパーキングでは長期駐車をするとどうなるのかが気になっている人もいるでしょう。長期駐車がそもそもできるのでしょうか。ここではコインパーキングにおける長期駐車について詳しく解説します。

コインパーキング長期駐車|駐車場用語集のイメージ

目次

  1. 1コインパーキングの長期駐車とは
  2. 2長期駐車をしたらどうなるか
  3. 3長期駐車をしたい場合の解決方法
  4. 4駐車場やコインパーキングのその他の用語

コインパーキングの長期駐車とは

コインパーキングの長期駐車とは、コインパーキングの運営会社が定める上限時間よりも長く駐車することです。コインパーキングは短時間の駐車を想定してサービスを提供しています。長期駐車をして車が放置されると運営会社にとっては不利益になるリスクがあります。利用規約に駐車時間を定めて、一定期間以上の長期駐車はできないようにしているのが一般的です。

コインパーキングの長期駐車の時間については運営会社が定めています。例として、コインパーキング大手のタイムズや三井のリパークでは48時間を最長の利用時間にしています。

参照:
駐車場の利用上の注意|タイムズ駐車場検索
時間貸し駐車場Q&A|三井のリパーク

 

長期駐車をしたらどうなるか

コインパーキングに長期駐車をすると、利用規約違反をしている放置車両として取り扱われます。一般的には車に警告の張り紙が貼られて速やかな対応を求められます。コインパーキングの運営会社が張り紙による対応をしても放置が続いていた場合には、レッカー移動などによる強制対応をすることもないわけではありません。

長期駐車をしたい場合の解決方法

長期駐車をしたいときにはコインパーキングに限らず、他の駐車場サービスの利用も検討することが大切です。48時間を超える長期駐車をする場合には3つの方法があります。

コインパーキングの運営会社に連絡する

コインパーキングを利用したい場合には運営会社に連絡して対応を求めましょう。コインパーキングに入庫する時点でコールセンターや管理会社に連絡し、利用規約よりも長期の駐車をしたいと伝えれば対応してもらえる場合があります。看板に連絡先が記載されているので連絡してみましょう。
 

長期駐車に対応している駐車場を利用する

長期駐車の時間設定は運営会社が独自に設定しています。長期駐車が可能な駐車場もあるので探してみましょう。コインパーキング大手では48時間以内が原則のことが多いですが、個人経営の場合には長く停められる場合があります。また、月極駐車場を短期契約して利用できる場合もあります。
 

駐車場予約サービスを使用する

駐車場予約サービスで予約すれば長期駐車が可能です。コインパーキングの運営会社でも長期駐車に対応できる予約サービスを提供している場合があります。サービスによって予約可能な期間や料金システムは異なり、利用できる駐車場の場所も違います。事前予約が必要ではあるものの、当日予約でも利用することが可能なサービスもあるので便利です。1日単位での予約サービスが多いので長期利用のときに適しています。
 

駐車場やコインパーキングのその他の用語


※本記事は可能な限り正確な情報を元に制作しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。引用元・参照元によっては削除される可能性があることを予めご了承ください。また、実際の土地活用についてや、税金・相続等に関しては専門家にご相談されることをおすすめいたします。

関連するまとめ

Banner pc

人気の記事

人気のあるまとめランキング
Banner pc