コインランドリー経営の特徴とは?始め方やメリットを解説

コインランドリー経営は、ヒトやモノの管理の手間がかからず、開業へのハードルが低い土地活用です。店舗を構える場所をしっかりリサーチしておけば、一定の収入が見込めます。利回りがよく、ランニングコストが低いため、土地活用になんとなく興味がある方でも始めやすいビジネスモデルです。

コインランドリー経営の特徴とは?始め方やメリットを解説のイメージ

目次

  1. 1コインランドリー経営の特徴とは?始め方やメリットを解説

コインランドリー経営の特徴とは?始め方やメリットを解説

コインランドリー経営は、ヒトやモノの管理の手間がかからず、開業へのハードルが低い土地活用です。店舗を構える場所をしっかりリサーチしておけば、一定の収入が見込めます。利回りがよく、ランニングコストが低いため、土地活用になんとなく興味がある方でも始めやすいビジネスモデルです。

この記事では、コインランドリー経営の特徴とメリット・デメリット、始め方について解説しています。コインランドリー経営を始めようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

コインランドリーの経営とは?

はじめに、コインランドリーをよく知らない方へ「コインランドリーの説明」と、「コインランドリー経営の特徴」について解説します。

コインランドリーとはどんなところ?

コインランドリーとは、店内に数台の洗濯機・乾燥機が並び、利用客が持ち込んだ洗濯物を数百円で洗濯・乾燥できる便利な施設です。洗濯機によっては布団やスニーカーの洗濯や乾燥ができ、利便性の高さが人気を集めています。とくに雨の日には、乾燥機目当てで来店する方が多く、梅雨の時期は利用客が急増するという特徴があります。

コインランドリー経営の特徴

コインランドリー経営は、店舗を建てる土地と洗濯機・乾燥機を用意して、その利用料を収益とするビジネスモデルです。店舗の標準的な広さは15〜20坪程度で、広いスペースを確保しなくても問題ありません。所有している土地の広さによっては、駐車場を設けて車でのアクセスをよくすることも可能です。

コインランドリー経営は立地に左右されるため、事前のリサーチが必須になりますが、経営に成功すると安定した収入が手に入るため、近年人気が高まっています。

コインランドリー経営の種類

コインランドリー経営には個人、フランチャイズ、会社(事業者)に土地を貸すという3つの種類があります。

個人での経営

個人でコインランドリー経営を始める場合、土地や建物、洗濯機や乾燥機といった機材はゼロから用意します。個人とはいっても、建物を建てる際は不動産会社や施工会社と相談しながら進めます。利用客が利用した分だけ収益になるため、回転数を上げる努力や、広告や宣伝といった集客も自ら行わなければなりません。個人の力量によって売上が左右されますが、コインランドリー経営で得た収益はすべて自分のものになるため、やりがいがあります。
個人でのコインランドリー経営は、店舗を建てて終わりではなく、常に改善策を模索して利用客が減らないように試行錯誤する必要があるため、経営力が身につきます。

フランチャイズ加盟

フランチャイズとは各業種の大手の会社に加盟して利用料(ロイヤリティ)を払う代わりに、その会社のネームバリューや経営ノウハウを借りる経営業態です。利用料こそかかりますが、本部のアドバイザーから経営改善の助言を受けられます。ネームバリューもあるため、経営初心者でも始めやすいビジネスモデルです。
フランチャイズの場合は、その土地周辺の市場調査や事業計画を本部に一任できます。自ら経営に加わり、相談しながら作業を進めていけるため、個人経営が難しそうだと思った場合におすすめの経営手法です。

コインランドリー会社に貸す

自身の所有する土地を、コインランドリー会社に提供することで一定の賃料を得る経営手法です。個人やフランチャイズでコインランドリーを経営するより収益は少なくなりますが、何もしなくても安定した収入を得られます。土地を貸すだけで、コインランドリー経営には関与しないため、経営よりは不動産投資に近いビジネスモデルです。

基本的に長期の土地貸出になるため、短い期間で土地を返してもらうことはできません。土地活用はしたいが自ら経営はしたくない、という方におすすめのビジネスモデルです。

コインランドリー経営のメリット

ここではコインランドリーを経営する5つのメリットについて解説しています。

料金未回収になりづらい

コインランドリーは基本的に現金払いです。先にコインを投入しなければ洗濯機・乾燥機が起動しないため、料金未回収になりづらいというメリットがあります。コインランドリーは開業してすぐに利益が発生するのも嬉しいポイントです。一方、アパート・マンション経営では家賃の滞納、駐車場経営では駐車料金が未払いのまま車が放置されるといった後払い特有のリスクがあり、料金を回収できない可能性があります。

リスクが少ない

コインランドリー経営は、他の土地活用よりもリスクが少なく、参入しやすいという特徴があります。アパート・マンション経営ほどの初期費用は必要なく、家賃の滞納や空室が発生して長期間収入がゼロになるといったリスクもありません。コインランドリーの利用客は年齢・性別を問わないため、客層が限られることもなく、立地さえ注意すれば利用客がゼロになることはほとんどありません。

また、コインランドリーで起きるトラブルは、洗濯機・乾燥機といった機材が中心になるため、維持・管理がしやすい点もメリットです。

ランニングコストがかかりにくい 

コインランドリーは基本的に無人経営なので人件費がかかりません。定期的な清掃やシステムトラブルが発生した際に、自分または専門業者が赴くだけなので、毎月の人件費に悩まされることはありません。

毎月かかる費用は、水道光熱費、土地にかかる税金、洗剤の料金だけです。高額な料金を一斉に請求されることがなく、ランニングコストを抑えることができます。

また、飲食・販売店のように多種多様な在庫を抱える必要がなく、用意する在庫は洗剤くらいで済みます。

アパート・マンション経営は定期的に修繕や大規模な改修が必要で、それらの費用はオーナーの負担になるため、ランニングコストが高くなりがちです。とくに築年数が経つと劣化も早まり、天井の雨漏り、床下のシロアリ被害、壁の亀裂など、次々に修繕箇所が見つかるケースもあります。

景気の影響を受けにくい

新型コロナウィルスの流行や緊張高まる国際情勢、地震や台風による災害被害等で、国内の景気は日々揺れ動いています。

土地活用は、景気によって変動するものを選んでしまうと収益の安定性を欠いてしまいます。たとえば、ガソリン価格の影響を受けやすい車の稼働率によって収益が変動するコインパーキングや、新型コロナウィルス感染症の流行により営業時間を短縮せざるを得なくなった飲食店です。

しかし、コインランドリーが提供するサービスは、洗濯・乾燥という生活の一部であることから、景気の変動の影響を受けにくいという性質があるのです。

利回りがよい

利回りとは投資金額に対する年間収益です。たとえば、投資額が1,000万円で利回りが8%の場合、年間収益は1,000万円×0.08=80万円となり、80万円の収益が出る計算になります。このようにランニングコストを考慮しない利回りを「表面利回り」といいます。

(売上金額-必要経費)÷初期投資×100=実質利回り(%)

一般的に、コインランドリー経営の実質利回りは8%が相場となっており、店舗によっては15%以上といった場所もあります。

コインランドリー経営のデメリット

コインランドリー経営にはメリットだけでなくデメリットも存在します。ここではコインランドリー経営の5つのデメリットについて解説します。

経営初めは収益が低い

アパート・マンション経営は、建物の完成前から入居者募集をすることで、完成初月から満員・満額の収益を狙えます。しかし、開店直後のコインランドリーは知名度が低く集客率が高くないため、最高収益には届かず、開業から1〜2年は収益が低いことも想定されます。コインランドリー経営で狙った収入を得るには、リピーターを増やす努力が必要です。

初期投資が必要

コインランドリー経営同様、参入難易度が低く初心者でも始めやすい土地活用に「駐車場経営」があります。駐車場経営は、地面をコンクリート舗装にするか砂利を敷くかによって整地費用は変わるものの、必要な機材をすべて自費で賄えるほど導入コストが安い土地活用です。駐車スペースの区切り線や、車輪止め、コインパーキングであればロック版など、初期投資額を100万円程度に抑えることもできるビジネスモデルです。

一方、コインランドリー経営では店舗の建設費用や機材、駐車場の整備などでかなりの出費が必要になります。一般的に相場は2,000万円〜5,000万円といわれていて、銀行の融資が必要になることもあります。

競合が多く、差別化が難しい

アパート・マンション経営は、「学生や女性限定」「ペット飼育可」「楽器演奏OK」などの差別化ポイントがいくつも存在するため、競合対策がしやすい土地活用といえます。しかし、コインランドリーは差別化を図りにくい上に、競合が多く、利用客の奪い合いが発生するリスクがあります。

洗濯や乾燥終了時のメール通知サービスや、防犯カメラの台数を増やしてセキュリティを高めるといった、他店と差別化できるものは可能な範囲で導入しておきましょう。コインランドリーにおいても、経営努力によって差別化を図ることが可能です。

相続税対策効果が低い

日本では法律上、土地を持っているだけで納税の義務が生じます。しかし、土地活用をすることで固定資産税や都市計画税、所得税、相続税など、多くの税金が減税になります。

固定資産税と都市計画税は、所有する土地に居住用物件を建て、人に住んでもらうことで減税対象になります。節税が目的の場合、コインランドリー経営よりもアパート・マンション経営の方が効果的です。路線価や固定資産税評価額によって決まる相続税も、土地や家屋を住宅用として他人に貸していることで減税されます。そのため、個人経営のコインランドリーは、アパート・マンション経営よりも相続税の節税効果は低くなります。

転用性が低い

転用性とは、すでに活用している土地を別の使い方にする場合の変更のしやすさです。アパートやコインランドリーのように、すでに建物がある土地は転用性が低いと評価されます。駐車場のような、導入コストが低く、すぐに他の用途へ転換できる土地活用は転用性が高いと評価されます。

たとえば、20年後に息子の家を建てる予定の所有地(空き地)があり、減税対策で土地活用を始めようと考えた場合、アパートやコインランドリーのように初期費用が高く、撤去の手間や費用が発生する「転用性が低い」土地活用よりも、駐車場のような転用性が高い土地活用が向いています。

コインランドリー経営する前に確認したいこと

コインランドリー経営を始める前に確認しておきたい、5つのポイントがあります。これらのポイントを知らずに経営を始めてしまうと赤字になる可能性が高くなるため、必ずチェックしておきましょう。

周辺住民が多いか

コインランドリー経営は利用客の多さが収益に直結します。周辺に住宅や通行人が少ないと、そもそも店舗の存在が認知されず、利用客は増えません。そのため、周辺住民が多いかどうか実際に候補地に出向いてチェックする、不動産会社に質問する、自治体に問い合わせるといった方法で確認する必要があります。

あわせて、周辺住民の雰囲気や服装から客層を予想しておきましょう。和やかで治安のよい街であれば口コミや知名度が広がりやすく、店舗内の窃盗トラブル発生率を下げられます。

住宅がまばらにあるところよりも住宅密集地の方が、利用客が増えるためおすすめです。とくにアパートやマンションによっては、立地が原因で日当たりや風通しが悪くて洗濯物が乾かないといった悩みを持つ方も多くいます。そういった悩みを抱えた方がコインランドリーの利用客になるため、店舗を出す前に周辺環境をリサーチしておきましょう。

商業施設が近くにあるか

コインランドリーは、洗濯・乾燥が完了するまでの待ち時間が発生します。一般的なコインランドリーは、店内に椅子を設置していますが、利用客全員分の椅子は用意していないことがほとんどです。そのため、どうしてもコインランドリーの外で時間をつぶさなくてはならない利用客が出てきます。

近くに何かしらの商業施設があると、利用客は待ち時間に「カフェやレストランで食事をして待つ」「本屋で書籍を見て回る」「スーパーマーケットやドラッグストアで日用品を購入する」など、有意義に過ごせます。そのため、時間をつぶせる施設の周辺に店舗を建てるのがおすすめです。

仕事をしている方にとっては、コインランドリーの近くにスーパーマーケットやドラッグストアがあると、洗濯や乾燥が終わるまでの間に日常の買い物を終えられるので、とても効率的で満足度向上につながります。

用途地域に指定されているか

地域によって、土地の用途が制限されている「用途地域」あります。用途地域を詳しく見ていくと、コインランドリーが出店できる場所と、禁止されている場所があります。コインランドリーは、面積や設置機材によって、店舗または工場のいずれかに該当します。計画している店舗は、店舗・工場のどちらに該当するのか、また用途地域図の詳細は各自治体に問い合わせることで確認できます。

コインランドリーの用途地域別の出店可否は下記のようになります。

△の部分は法令による店舗・作業場の面積制限があります。店の規模感や理想とする店舗づくりを諦めてまでその地域に出店すべきなのか、よく検討しましょう。

駐車場の確保が可能か

住宅地にあるコインランドリー利用客のほとんどは車でのアクセスを望んでいます。大量の洗濯物を持って自転車・徒歩で来たいという利用客はなかなかいません。そのため利用客を増やし、リピーターを確保するためには駐車スペースを確保しなければなりません。

所有する土地の面積によって、駐車スペースの台数を決めましょう。店舗の規模にもよりますが、最低5台分は確保しておくのがおすすめです。ただし、利用客の数よりも多すぎる駐車スペースをつくってしまうと、違法駐車や不法投棄による治安の悪化を招いてしまうこともあるので注意が必要です。
もちろん近所の住民は自転車で来店する場合もあります。駐輪スペースを分かりやすく白線や記号で示すと、駐車場内でのトラブル発生リスクを下げられます。

中長期的な経営計画を立てられるか

コインランドリーを個人で営む場合、中長期的な経営計画を立てられるかどうかが店の売上を大きく左右します。コインランドリーは開業当初に利用客が集まらなくても、経営が上手くいっていれば段々と知名度が広がり、収益は上がっていきます。ただ洗濯機や乾燥機は長期間使っていると、故障する時期が必ずやってきます。メンテナンスや修理の費用、修理期間中に稼働台数が減ることによる売上減をどう賄うか、事前に計画を立てておきましょう。

また、コインランドリー経営は参入難易度が低く、競合が生まれやすい土地活用です。競合に利用客が流れてしまう場合は、競合店舗にあって自店舗にない要素のリサーチが大切です。自店舗に導入しやすいものは取り入れ、洗濯機そのものの性能が違う場合は、長期的に見て黒字になるか検討した上で購入しましょう。

コインランドリー経営の始め方

コインランドリー経営に興味を持っている方は、どのように経営を始めるのか気になりますよね。ここではコインランドリー経営の始め方について解説します。

コインランドリー会社に相談

まずは、コインランドリー会社に相談することから始めます。自分が今どれくらいの広さの土地を所有していて、どのくらいの規模感の店舗が建てられるのかといった相談をしていきます。
相手は専門家ですので、こちらの疑問点が解消するまで質問を繰り返すことをおすすめします。ここでしっかりコインランドリー経営についての知識を得ておくと、後述する経営形態の決定で役に立ちます。

実績豊富な会社にアドバイスをもらうこともおすすめです。提案内容や開業費用に疑問がある場合は、納得するまで相談しましょう。むやみに契約を急かすような業者は避けることも大切です。

経営業態の決定

次に経営形態を決めます。個人で経営するか、フランチャイズ加盟して経営するか、土地を提供してコインランドリー会社に出店してもらうかになります。

自らが失敗の責任を取れる、経営に自信がある、できるだけ収益を増やしたいという方は「個人経営」がおすすめです。よくも悪くも自分次第で売上が左右されるため、難易度は高いものの、達成感が大きいのが特徴です。

万全のバックアップ体制のもとコインランドリーを経営したい、ロイヤリティがかかっても、ある程度の収益が見込めるならそれでよいという方は「フランチャイズ経営」がおすすめです。

経営に自信がない、経営は全部任せたいという方は「コインランドリー会社に土地を貸す」のがおすすめです。

土地調査や市場調査

コインランドリー経営の成否は、ほぼ立地で決まるといっても過言ではありません。もちろん経営も重要ですが、そもそもニーズのない土地に出店しても、利用客は集まらないからです。所有する土地、または購入予定の土地の周辺にどれくらい住民がいて、どのような客層で、コインランドリーをどのくらいの頻度で使っているのかといった調査が必要です。

個人経営ではこれらの調査を自力で行う必要がありますが、フランチャイズ経営では、これらの調査を本部が行うため手間がかかりません。土地・市場調査に自信がある方は「個人経営」、専門家のサポート受けながら経営をしていきたい方は「フランチャイズ経営」がおすすめです。

店舗の準備と保健所への届け出

市場調査を終えたら店舗の準備です。作成した資金計画と照らし合わせながら、不動産会社や建設業者と相談し、間取りや機材の配置、内装を決めます。店舗の建設が完了したら、保健所に開設届と施設概要書(構造設備の配置、寸法の書かれた平面図等)の2つを届け出て、開業の許可を得ます。自治体によって提出書類が異なるので事前に確認しましょう。

コインランドリー経営に向いている人

大前提として、コインランドリー経営は明確な意思がなければ上手くいかないことが多いです。ここではコインランドリー経営に向いている人の特徴を解説します。

ランニングコストを抑えたい人

コインランドリー経営は開業した後のランニングコストが低く、経営に集中しやすい土地活用です。土地活用で人気のアパート・マンション経営はランニングコストが高く、有事の際に備えて、ある程度の資本金が手元にないと経営が難しいという一面があります。

立地や設備の見極めが得意な人

コインランドリー経営はどこに店舗を出すか、どのような設備を用意するかといった、前段階の準備が重要になります。立地選びを間違えると利用客を集めることが難しくなり、売上が上がりません。

また、洗濯機・乾燥機は1台で数万円〜数百万円します。コインランドリーの主力サービスである機材を何台設置するかによって、売上が左右されます。機材の量が多すぎると、稼働していない機材が無駄になってしまいます。一方、機材が少なすぎると利用したいのにできない客が増え、機会損失や満足度低下につながります。

店舗経営の経験がある人

コインランドリーを個人で経営する場合は、多種多様な問題に一人で立ち向かわなくてはなりません。経営が難しく赤字経営に陥り、挫折するオーナーも少なくありません。個人経営は、すでに店舗経営のある方がおすすめの経営業態です。

初期投資できるだけの資金がある人

個人でコインランドリーを経営する場合、初期投資に多大な金額がかかります。店舗の建設、駐車場設営、機材の準備まで含めると、総額で2,000万円〜5,000万円かかるといわれています。また開業して間もなくは店舗の知名度がなく、利用客も少ないため、そこまで高い収益が見込めません。赤字経営に耐えうるだけの資金が必要です。

まとめ

コインランドリー経営は「個人経営」「フランチャイズ」「企業への土地貸出」という3つの経営業態が選べる土地活用です。コインランドリー経営には、「料金未回収になりづらい」「リスクが少ない」「ランニングコストがかかりにくい」「景気の影響を受けにくい」「利回りがよい」といったメリットがあります。

コインランドリー経営は、アパート・マンション経営、駐車場経営のような土地活用と比べて「経営」の要素が強いため、あまり経営に干渉せずに不労所得を得たいという方は、「フランチャイズ」か「企業への土地貸出」がおすすめです。

関連するまとめ

Banner pc

新着一覧

最近公開されたまとめ
Banner pc